Masto.hostを使ってみた。

2週続けてMastodonのお話です。前回のお話はこちらから⇨Mastodon始めました。

前のインスタンスはさくらクラウドが提供するスタートアップスクリプトで立ち上げました。すごく簡単にインスタンスを立ち上げられる反面、維持費に月3,000円近くかかってしまうのがネックでした。

Masto.hostはHugo Gameiroさんが提供を始めた、Mastodonインスタンスのホスティングサービスで、何も用意しなくても1)自分のドメインがなくても大丈夫申し込むだけで、MastodonインスタンスをPayPal決済で月5ユーロ2)2017年4月29日現在のレートで約600円から立ち上げてくれます。アップデートも勝手にやってくれるところも自分にはプラスでした。

自分が利用を申し込んだ時点では、立ち上げプロセスが自動化されていないようで、Hugoさん自身が手動でインスタンスを立ち上げてるようでした。メールで何回かやり取りをし、MastodonインスタンスをSIngle userモードに設定していただいたりなど、とても丁寧に対応してくださいました。

Masto.hostのサイトも日本人有志などの協力もあり、日本語に対応。ただしトラブルがあったりした時などは、おそらく多少の英語はできないとメールでのやり取りはしんどいかもしれません。

すごく手軽に、しかも安く自分用のMastodonインスタンスを立ち上げたい方にはすごくオススメのサービスです。

ただ個人でやられてるので、突然サービスが終了してしまう可能性や、サーバーが海外にあることから現地法の尊守する必要性もありますので、多くの人をインスタンスに招いてコミュニティを運営したいという人には少し不向きかもしれません。

⇨Masto.host (日本語ページ) https://jp.masto.host/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

   [ + ]

1. 自分のドメインがなくても大丈夫
2. 2017年4月29日現在のレートで約600円